瀬戸内海、きれい過ぎ? 公害対策から栄養不足のワナ 法改正審議

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
島々が浮かぶ穏やかな瀬戸内海=広島県呉市で2021年2月23日午後1時59分、賀有勇撮影
島々が浮かぶ穏やかな瀬戸内海=広島県呉市で2021年2月23日午後1時59分、賀有勇撮影

 瀬戸内海は、きれい過ぎ――。沿岸府県が排水基準を緩和して水質を管理できるようにする「瀬戸内海環境保全特別措置法」(瀬戸内法)の改正案が今国会で審議されている。高度成長期に工場排水が原因で赤潮が頻発した瀬戸内海は、その後の規制で近年水質が改善。海洋生物の栄養となる窒素やリンがかえって不足する事態が生じており、法改正で柔軟に調整できるようにするのが狙いだ。

 「海はきれいじゃが、どうしたわけか魚がおらん」。1990年代、広島大の山本民次名誉教授(水圏生態学)のもとに、漁師から相談が寄せられるようになった。魚だけではなく、養殖のアサリやカキの生育不足、ノリの色落ちなどの報告が相次いだ。

この記事は有料記事です。

残り2445文字(全文2738文字)

あわせて読みたい

ニュース特集