特集

東京オリンピック

東京オリンピックに関する特集ページです。

特集一覧

代々木公園に五輪パブリックビューイング 「密になるのになぜ」

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
6月1日からライブサイトの会場設営工事が始まる東京都立代々木公園=東京都渋谷区で2021年5月28日午後0時43分、斎川瞳撮影
6月1日からライブサイトの会場設営工事が始まる東京都立代々木公園=東京都渋谷区で2021年5月28日午後0時43分、斎川瞳撮影

 東京オリンピック・パラリンピック期間中、東京都が渋谷区の都立代々木公園などで実施を予定しているライブサイトやパブリックビューイング(PV)に、都民や感染症の専門家などから疑問の声が出ている。多くの集客が予想され、新型コロナウイルスの感染拡大につながりかねないためだ。

 代々木公園のライブサイト予定地は園の中央部、木に囲まれた約3万5000平方メートルのエリア。計画では520インチの大型ビジョンを設置し、競技の中継などを行う。当初1600人としていた観覧席の定員は、感染対策のため710人に変更した。酒類は提供しないものの、飲食エリアも設置される。周囲をフェンスで囲い、事前予約した人だけが入れるようにして混雑を避けるという。

 工事は6月1日から始まり、10月に撤去されるまでエリア内の一般利用は制限される。公園をよく利用するという目黒区の会社員の男性(38)は「一部とはいえ、憩いの場の公園が長期間、特定のイベントのために利用できないのは納得できない。なぜ人が密になるものをつくるのか」と語り、都の対応は矛盾していると指摘した。

この記事は有料記事です。

残り648文字(全文1114文字)

【東京オリンピック】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集