カワウの巣、5年で3倍増 放流のアユ狙い食害問題化 漁協は対策に苦慮 /山口

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
県内で確認されたカワウの巣=県自然保護課提供
県内で確認されたカワウの巣=県自然保護課提供

 県内の河川で30日から順次、アユ釣りが解禁される。しかし、アユなど川魚の食害が問題化しているカワウの巣が、県内では2020年度までの過去5年間で3倍弱に増加していることが県の調査で分かった。各漁協はアユの稚魚を放流する一方、ロケット花火でカワウを追い払うなどしているが、有効な対策がないのが実情だ。【堀菜菜子】

 県自然保護課によると、巣の数は2016年度に県内6カ所で計202巣を確認。その後も認知数は増加し、20年度は11カ所で計576巣に上った。河川に関わる漁協をまとめる全国内水面漁連(東京都)の担当者は「餌を求めて他の場所から移動してきたのではないか」とみる。

この記事は有料記事です。

残り357文字(全文642文字)

あわせて読みたい

ニュース特集