「ちょっとした行動」で車が一時停止 女子高生の研究に警察も注目

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
信号機のない横断歩道。ここでは自転車で渡っていた高校生が車にはねられて死亡する事故も起きた=愛知県豊橋市で2021年4月20日午後0時5分、森田采花撮影
信号機のない横断歩道。ここでは自転車で渡っていた高校生が車にはねられて死亡する事故も起きた=愛知県豊橋市で2021年4月20日午後0時5分、森田采花撮影

 信号機のない横断歩道で、スピードを落とさずに走り抜ける車。渡ろうとする歩行者がいれば止まらなければならないが、ある調査ではルールを守るドライバーは2割にとどまる。そんな状況に疑問を抱いた女子高校生が自分の足で理由を調べ上げ、対策をリポートにまとめた。歩行者に「ちょっとした行動」を促すその内容に、各地の警察も注目している。

通学路に立って2カ月間調査

 道路交通法38条1項は、横断歩道を渡ろうとする歩行者がいる場合、「車は一時停止しなければならない」と定めている。違反した場合の違反点数は2点で、反則金は普通車なら9000円。刑事罰は3月以下の懲役または5万円以下の罰金となっている。だが、この規定はあまり守られているとは言えないのが現状のようだ。日本自動車連盟(JAF)が2020年、47都道府県で信号機のない横断歩道を2カ所ずつ選び、計9434台の車の通過を調べたところ、一時停止率は21・3%にとどまった。同様の調査は16年から行われているが、8~9割は止まらないという結果が続く。

 この現状を肌で感じていたのが、今春から東京都内の大学に通う松本瞳子(とうこ)さん(18)。長野市に住む中学1年生だった6年前、いつもの通学路で気になることがあった。信号機のない横断歩道を渡ろうとするが、車が止まってくれない。「渡りにくい」。学校の統計調査の課題に合わせ、調べてみることにした。

 まずは自分が横断歩道を渡った際、車が一時停止したかどうかを記憶してメモに残した。夏休みを含め、通学路の同じ場所で2カ月ほどかけて計102台を調べると…

この記事は有料記事です。

残り1534文字(全文2200文字)

あわせて読みたい

この記事の筆者
すべて見る

注目の特集