念願の「優勝キャッチャー」の称号 大阪桐蔭出身の慶大・福井

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
東京六大学野球春季リーグでチームメートに声を掛ける慶大主将の福井章吾=神宮球場で2021年5月30日、小出洋平撮影
東京六大学野球春季リーグでチームメートに声を掛ける慶大主将の福井章吾=神宮球場で2021年5月30日、小出洋平撮影

 「今、監督になってもいい」――。慶大の堀井哲也監督が冗談交じりに持ち上げるほど、絶対的な信頼を寄せてきたのは、主将の福井章吾(4年・大阪桐蔭)だ。扇の要として、チームを3季ぶりの頂点に導いた立役者は、こだわってきた「優勝キャッチャー」の称号をつかんだ。

 168センチ、78キロ。決して恵まれた体格ではなく「プレーでは自分より能力が高い選手が(チームに)いる」と謙虚に語る。それでも高校、大学とも強豪校で主将を任された理由は、高い技術と「人間力」にある。

 慶大では中日入りした郡司裕也の下で学び、3年春から正捕手の座に就いた。昨年は春秋連続でベストナインを獲得したものの、チームはともに2位だった。主将に就任後、チームが優勝するために、自分が果たすべき役割について考えた。

この記事は有料記事です。

残り451文字(全文787文字)

あわせて読みたい

ニュース特集