連載

風知草

世論は風だ。でも世論とは何だ――。永田町を知り尽くす山田孝男特別編集委員の政治コラム。

連載一覧

風知草

日本から五輪を問え=山田孝男

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
絵・五十嵐晃
絵・五十嵐晃

 IOC(国際オリンピック委員会)幹部の一連の放言のうち、私が一番驚いたのは、最古参、ディック・パウンド委員(79)のこのセリフである。

 「菅(義偉)首相が中止を求めたとしても、個人的な意見に過ぎない。大会は開催される」。質問は「首相が(五輪)中止を決めた場合はどうするか」――だった。(週刊文春6月3日号のインタビュー)

 開催国の指導者、背後の国民に対する配慮のかけらも感じられない。

この記事は有料記事です。

残り1167文字(全文1360文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る
この記事の筆者
すべて見る

注目の特集