連載

さあこれからだ

医師で作家の鎌田實さんが世界各地で出会った人々とのエピソードから、温かく力強いメッセージを届けます。

連載一覧

さあこれからだ

/180 巣ごもり老化を防ぐ=鎌田實

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
ドローイング歩行。両手をあげて、おなかをへこませ、ゆっくり息をしながら歩行。コロナ肥満対策にもなります
ドローイング歩行。両手をあげて、おなかをへこませ、ゆっくり息をしながら歩行。コロナ肥満対策にもなります

 2020年度の体力・運動能力調査の速報値がスポーツ庁から発表された。中高生から高齢者までの大半の年齢層で、前年度より運動能力の低下がわずかに見られた。

 この調査は、1964年の東京オリンピックのときから行われている。高齢者では年々体力が向上してきたが、今回は前年度よりも低下。特に女性の低下は大きかった。コロナによるステイホームが影響していると思う。

 運動や活動量が不足すると、健康にも問題が出てくる。内科外来をしていて、“巣ごもり老化”が広がっていることに気が付いた。大きく分けると、問題が三つある。(1)不眠やうつ気分になったりする心の不調(2)認知機能の低下(3)コロナ肥満や高血圧、高血糖などの生活習慣病の悪化――である。

この記事は有料記事です。

残り1420文字(全文1736文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集