特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

企業や大学でのワクチン「職域接種」、6月中旬以降 政府が方針

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
 新型コロナウイルスワクチン大規模接種センターに入る人たち=25日午後、東京・大手町
 新型コロナウイルスワクチン大規模接種センターに入る人たち=25日午後、東京・大手町

 政府は31日、企業や大学で産業医らが新型コロナウイルスのワクチンを接種する「職域接種」について、6月中旬以降に始める方針を固めた。国民へのワクチン接種を加速させるため、経済界や個別企業などと協議を進めていた。国が東京、大阪の2カ所で開設した「大規模接種センター」と同じく、米モデルナ社製を使用する予定だ。

 菅義偉首相は31日、田村憲久厚生労働相、梶山弘志経済産業相らと関係閣僚会合を初めて開き、職域接種のスケジュールを協議した。これに先立ち、加藤勝信官房長官は記者会見で「6月中に、高齢者接種の見通しがついた自治体から幅広く一般にも開始するとともに、職場や大学での接種を進めたい」と明言した。

この記事は有料記事です。

残り680文字(全文977文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集