西側情報機関「コロナ、武漢から流出の可能性」 当初見解から一転

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
感染が集中した「華南海鮮卸売市場」の周辺は壁に覆われて封鎖されていた=中国・武漢で2020年12月8日、河津啓介撮影
感染が集中した「華南海鮮卸売市場」の周辺は壁に覆われて封鎖されていた=中国・武漢で2020年12月8日、河津啓介撮影

 英紙サンデー・タイムズは30日、新型コロナウイルスの起源に関して、英情報機関が中国・武漢の研究施設から流出した「可能性がある」と考えていると報じた。

 同紙は消息筋の話として、英国を含む西側情報機関は当初、研究施設から流出した可能性はほとんどないと考えていたが、再検討の結果、今では流出した可能性があるとの見方を持っていると伝えた。

 米国のトランプ前政権は、中国科学院武漢ウイルス研究所からのウイルス流出説を有力視していた。だが、世界保健機関(WHO)は2021年3月末、国際調査団が武漢で行った調査に関する報告書を公表。この中で、研究施設からのウイルス流出の可能性について「極めて低い」とした。

この記事は有料記事です。

残り235文字(全文533文字)

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集