イスラエル、野党が連立合意 ネタニヤフ首相窮地、退陣可能性も

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
イスラエル連立交渉の関係図
イスラエル連立交渉の関係図

 3月のイスラエル国会(1院制、定数120)議員選挙を受けた連立交渉で、野党の右派政党「ヤミナ」を率いるベネット前国防相は5月30日、同じく野党の中道政党「イェシュアティド」を率いるラピド元財務相と連立政権を樹立することで合意したと発表した。ネタニヤフ首相率いる右派与党「リクード」を排除した格好で、通算15年間首相を務めたネタニヤフ氏が退陣に追い込まれる可能性も出てきた。

 ただ、ネタニヤフ氏は組閣期限の6月2日まで野党の切り崩しを図るとみられ、予断を許さない状況が続く。

この記事は有料記事です。

残り967文字(全文1204文字)

あわせて読みたい

注目の特集