特集

ミャンマークーデター

ミャンマー国軍がクーデターを起こし、アウンサンスーチー氏らを拘束。市民や国際社会からは抗議と批判が相次いでいます。

特集一覧

VOICES

「今も夢諦める若者、悲しい」 日本に亡命のミャンマー人記者

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
毎日新聞のインタビューに答えるミャンマーメディア「ビルマ民主の声」のゾーゾーライン記者=東京都内で2021年5月11日、渡部直樹撮影
毎日新聞のインタビューに答えるミャンマーメディア「ビルマ民主の声」のゾーゾーライン記者=東京都内で2021年5月11日、渡部直樹撮影

 今年2月、国軍によるクーデターが起きたミャンマー。日本に住む3万人を超えるミャンマー人は母国の現状に胸を痛め、不安な日々を送っている。東京都内に住むゾーゾーラインさん(56)は1988年に起きた大規模な反政府デモに参加。逮捕を恐れて日本に亡命した。現在はミャンマーメディア「ビルマ民主の声」の特派員として、在日ミャンマー人によるデモなどを取材している。「今の若い子たちも夢を諦めて民主化のために頑張っている。それが悲しい」と話すゾーゾーラインさんに、今の気持ちを聞いた。【渡部直樹/写真映像報道センター】

ミャンマーメディア「ビルマ民主の声」記者 ゾーゾーラインさん(56)

 私はノルウェー政府が支援している「ビルマ民主の声(DVB)」というメディアで記者をしています。(日本国内で)デモを取材したり、日本政府はミャンマーに対してどういう声を出しているかなどを取材したりしてニュースにしています。

 私たちのメディアでは国軍によるクーデターの1カ月ほど前からクーデターが起きるのではと心配していました。2月1日の朝に本当のことになり他の在日ミャンマー人にも声をかけて渋谷区の国連大学の前で(クーデターに反対する)デモをしました。涙が出ました。クーデターには…

この記事は有料記事です。

残り749文字(全文1276文字)

【ミャンマークーデター】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の筆者
すべて見る

ニュース特集