同和地区を撮影の動画、ドワンゴに削除命令 神戸地裁支部決定

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
裁判所=ゲッティ
裁判所=ゲッティ

 兵庫県丹波篠山市の同和地区を撮影した動画がインターネットに投稿されたことを巡り、市と地元自治会がサイト運営会社「ドワンゴ」(東京都)に動画削除を求める仮処分を申し立て、神戸地裁柏原支部が削除を命じる決定を出した。2月9日付で、動画は既に削除されている。

 動画は市内の同和地区を撮影し、「貧民窟のイメージがあるが、どの家も立派な作りである」などの説明があったほか、地域名が特定できる場面もあった。2020年9~11月、動画投稿サイト「ユーチューブ」「ライブドアブログ」「ニコニコ動画」に相次いで投稿され、誰でも閲覧できる状態になっていた。

 自治会長らが見つけ、市に相談。市と自治会は同10~12月、各サイトを運営するグーグル合同会社、LINE、ドワンゴに「差別的視点から動画を拡散流布しているもので住民らの名誉権、プライバシー権を侵害するのは明らか」などとして削除を求める仮処分を地裁支部に申し立てた。

この記事は有料記事です。

残り422文字(全文823文字)

あわせて読みたい

ニュース特集