アーツ前橋の作品紛失問題で前館長に批判の声明 美評連

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
アーツ前橋=前橋市千代田町で2021年3月24日午後1時24分、妹尾直道撮影
アーツ前橋=前橋市千代田町で2021年3月24日午後1時24分、妹尾直道撮影

 美術評論に関わる会員で構成する美術評論家連盟(美評連、林道郎会長)は31日、前橋市の美術館「アーツ前橋」が物故作家2人の遺族から預かった作品を紛失した問題に対する、当時の館長で東京芸大大学院教授の住友文彦氏の対応を「職業倫理にもとる」と批判する声明を公表した。

 同市の調査委員会報告書によると、同館は2018年12月に預かった作品52点を廃校舎に保管。20年1~2月に6点がなくなっていることが…

この記事は有料記事です。

残り297文字(全文495文字)

あわせて読みたい

ニュース特集