特集

東京オリンピック

東京オリンピックに関する特集ページです。

特集一覧

「個人としてはやらない方が」五輪へ揺れる心隠さぬレミたんの信念

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
葛藤を抱えながらも自らの考えを発信するハンドボール男子の土井レミイ杏利=国立代々木競技場で2021年3月12日、梅村直承撮影
葛藤を抱えながらも自らの考えを発信するハンドボール男子の土井レミイ杏利=国立代々木競技場で2021年3月12日、梅村直承撮影

 動画投稿アプリ「TikTok(ティックトック)」のフォロワー数は230万人。「レミたん」の愛称で知られるインフルエンサーは、飾らず率直に気持ちを伝える。「アスリートとしてはやってほしいけど、一人の人間としてはやらない方がいいんじゃないか」

 ハンドボール男子日本代表主将、土井レミイ杏利(31)=ジークスター東京=は東京オリンピックへの揺れる心を隠さない。批判を受けるかもしれない。だが、ある信念の下、自らの考えをはっきりと発信してきた。

 「世間のスポーツやアスリートに対する見方が変わってしまった。複雑だし、悲しい」。5月中旬のオンライン取材で、土井は東京五輪や選手に対する社会の空気について、寂しそうに話した。一方で、「少しでもリスクのある状況で開催するのはどうか。やるならば、絶対に一人も感染者を出してはいけない」と決意も口にした。

 五輪は、人々に感動や勇気を与える。会場で観客は選手とともに熱くなり、幸せな気持ちになることができる。そう信じる土井は、安全が保たれてこそ開催する意義があると考える。

 新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、無観客での開催も検討されている。「わがままかもしれないけど」と断った上で、「できれば有観客でやりたい。観客やサポーターはとても大切な存在で、彼らがいるから力を出し切れる」と語る。ハンドボール人気の高いフランスでプレーした際、試合会場を埋める観客、サポーターの力を身に染みて感じたからだ。

「本音」でぶつかり 差別に打ち勝つ

 フランス人の父と日本人の母の間に生まれ、千葉県多古町で育った。小学3年から競技を始め、強豪の埼玉・浦和学院高、日体大でトップ選手への階段を上った。しかし大学4年の時に膝を痛め、一度はハンド…

この記事は有料記事です。

残り1471文字(全文2199文字)

【東京オリンピック】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集