連載

美食地質学入門

「美食地質学」は開講です。美食と地質って接点がまったくなさそうですが、さにあらず。実は深~い関係があるんです。

連載一覧

美食地質学入門

第35講 タコ 瀬戸内が育む歯応え、多幸感

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
明石のタコ=エコール辻大阪提供
明石のタコ=エコール辻大阪提供

 日本人は大のタコ好きだ。世界の消費量の6割を占めているのだから。そればかりか、タコ足、タコ部屋、引っ張りダコに、ちゅうちゅうタコかいな、タコさんウインナーに蛸地蔵、蛸薬師まで、そこら中にタコがいる。でもブランドといったら兵庫・明石のタコだろう。明石ダコを育む瀬戸内海の成り立ちとは?

 ■奈良時代の文献にも

 日本料理の大引伸昭先生が、タコのうんちくを傾ける。

この記事は有料記事です。

残り2220文字(全文2399文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集