稲敷工業団地 造成地発掘調査、説明会に市民ら /茨城

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
造成地からの出土品について解説された現地説明会=茨城県稲敷市下君山で2021年5月30日、庭木茂視撮影
造成地からの出土品について解説された現地説明会=茨城県稲敷市下君山で2021年5月30日、庭木茂視撮影

 稲敷市が造成中の稲敷工業団地で30日、埋蔵文化財の発掘調査中の山王原遺跡についての現地説明会が開かれ、市民ら約70人が参加した。

 市によると、工業団地は約32・5ヘクタール。2022年3月末の工事完了を目指して造成中だが、市などによる17~18年度の試掘調査で山王原遺跡など六つの遺跡を発見したとい…

この記事は有料記事です。

残り104文字(全文254文字)

あわせて読みたい

注目の特集