特集

自民党

自民党に関するページです。

特集一覧

菅原一秀氏「捲土重来を期す」 衆院議長に議員辞職願提出、辞職へ

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
菅原一秀前経済産業相が衆院本会議を欠席したため、倒されたままの氏名標(手前)=国会内で2021年6月1日午後1時1分、竹内幹撮影
菅原一秀前経済産業相が衆院本会議を欠席したため、倒されたままの氏名標(手前)=国会内で2021年6月1日午後1時1分、竹内幹撮影

 自民党の菅原一秀・前経済産業相(59)は1日、大島理森衆院議長宛てに議員辞職願を提出した。それに先立ち自民党に離党届も提出した。東京地検特捜部は近く菅原氏を公職選挙法(寄付の禁止)違反で略式起訴する見通し。自民党は2日の党紀委員会で受理し、衆院は3日の本会議で辞職を許可する方針だ。

 菅原氏は1日、党幹部に手紙で「党にご迷惑をかけて申し訳ない」と謝罪し、離党と議員辞職の意向を伝えた。「捲土(けんど)重来を期す」とも記し、政治活動継続の意向をにじませたという。「当局の事情聴取に丁寧に説明した。すべてを包み隠さず説明を終え、熟慮を重ねた結果、けじめとして辞職を決意した。忸怩(じくじ)たる思いでいっぱいだ。不徳の致すところで慚愧(ざんき)に堪えな…

この記事は有料記事です。

残り488文字(全文812文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集