特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

宣言延長の福岡 「休業続けるの難しい」 営業再開した施設も

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
営業を再開した「マリンワールド海の中道」でケープペンギンの散歩を見学する人たち=福岡市東区で2021年6月1日午後0時3分、徳野仁子撮影
営業を再開した「マリンワールド海の中道」でケープペンギンの散歩を見学する人たち=福岡市東区で2021年6月1日午後0時3分、徳野仁子撮影

 我慢の日々はいつまで続くのか。新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言が9都道府県で1日から新たな延長期間に入り、福岡県も20日まで宣言が延びることになった。県は一部の業種に対する時短営業や休業の要請は基本的に継続し、感染再拡大の抑え込みを狙う。そんな中、宣言に合わせて自主休業で協力した集客施設もあったが、宣言長期化で経営的に追い込まれ、営業を再開する施設も出始めた。

 「大人は外出を我慢できるけれど子供はできない。いろんなことを吸収できる貴重な時期にできるだけ外に連れ出してあげたかったからありがたい」。福岡市東区の水族館「マリンワールド海の中道」。1歳9カ月の娘と訪れた同市早良区の主婦(39)は3週間ぶりの営業再開を喜んだ。この日はペンギンの幼鳥が散歩するイベントがあり、来館者約50人が愛くるしさに目を細めた。

この記事は有料記事です。

残り914文字(全文1277文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集