旭川医大学長の辞任強要発言は「パワハラ」 調査委認定

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
 旭川医科大の吉田晃敏学長
 旭川医科大の吉田晃敏学長

 北海道旭川市の旭川医科大の吉田晃敏学長が昨年11月、新型コロナウイルスの感染者受け入れを訴えた付属病院の古川博之院長(当時)に辞任を迫る発言をした問題で、学長選考会議が設置した外部の調査委員会が発言をパワーハラスメント(パワハラ)と認定したことが1日、大学関係者への取材で分かった。

 大学関係者によると、同日開かれた非公開会合で、調査委のメンバーから選考会議に報告があった。選考会議は調査結果を基に…

この記事は有料記事です。

残り301文字(全文501文字)

あわせて読みたい

注目の特集