新型コロナ 「感染対策飲食店」認証へ 補正予算7億円 県が専決処分 /青森

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 三村申吾知事は5月31日、新型コロナウイルスに関わる危機対策本部会議の中で、感染対策を実施している飲食店に対する「第三者認証制度」を実施すると発表した。制度の開始時期は未定。会議の中では、実施に要する経費として約7億2600万円を追加する一般会計補正予算を同日、専決処分したことも報告された。

 県によると、認証制度は、依然として飲食店に関連するクラスター(感染者集団)が発生していることや、今後の収束後を見据えた対策として実施。県内の食品衛生法上の営業許可を持つ、約6800店舗が対…

この記事は有料記事です。

残り363文字(全文605文字)

あわせて読みたい

ニュース特集