旧優生保護法 強制不妊 原告60代女性、昨年死亡 遺族、訴訟継続を断念 /宮城

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 旧優生保護法(1948~96年)下で不妊手術を強制されたとして、宮城県の男女3人が国に損害賠償を求めた仙台地裁の訴訟で、原告の60代女性が昨年死亡したことが分かった。代理人弁護士が31日、遺族のコメントとともに公表した。

 女性の妹はコメントで「姉の無念を晴らすべく、訴訟の継続を検討していたが、諸事情に…

この記事は有料記事です。

残り229文字(全文381文字)

あわせて読みたい

注目の特集