AI、接客に生かす イオンモール川口、8日リニューアル /埼玉

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
8日にリニューアルオープンするイオンモール川口=埼玉県川口市で2021年5月24日、鈴木篤志撮影
8日にリニューアルオープンするイオンモール川口=埼玉県川口市で2021年5月24日、鈴木篤志撮影

売り場の客店員に通知/興味示した商品を分析

 川口市安行領根岸の大型商業施設「イオンモール川口」が8日、リニューアルオープンする。施設面積約5万9000平方メートル、駐車台数約2800台と以前よりほぼ2倍の規模になり、約150の専門店が入居。中核となるショッピングセンター「イオンスタイル川口」には、店内の映像を分析して接客に生かす人工知能(AI)カメラを導入した。

 AIカメラは一部の店舗で実証実験をしてきたが、川口では天井などに約150台を設置して本格的に運用する。一定の時間に同じ売り場に客がいると、AIが接客の必要性を判断して店員に通知。客が興味を示した商品や購買行動をAIが学習、分析することで迅速な接客や売れ筋商品の拡充につなげる。

この記事は有料記事です。

残り171文字(全文492文字)

あわせて読みたい

注目の特集