不法投棄、許さない 県警ヘリでパトロール 峡南、中北の山間部で /山梨

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
上空から不法投棄を発見するための準備をする県警航空隊の職員ら=山梨県市川三郷町黒沢で2021年6月1日、田中綾乃撮影
上空から不法投棄を発見するための準備をする県警航空隊の職員ら=山梨県市川三郷町黒沢で2021年6月1日、田中綾乃撮影

 山間部での不法投棄を見つけるため、県と県警は1日、県警のヘリコプター「はやて」で上空からパトロールした。地上からでは木や谷が邪魔して発見が困難な地域での不法投棄に目を光らせた。【田中綾乃】

 環境省が、毎年5月30日(ごみゼロの日)から6月5日(環境の日)までの1週間を「全国ごみ不法投棄監視ウイーク」としているのに合わせた取り組み。市川三郷町黒沢の県警のヘリポートから県職員や警察官計6人が乗り込み、峡南、中北地域の山間部を中心に、目視で不法…

この記事は有料記事です。

残り335文字(全文557文字)

あわせて読みたい

ニュース特集