連載

東海BIZ

ものづくりが盛んな東海地方のさまざまな企業を紹介します。

連載一覧

東海BIZ

名古屋市西区 カクダイ製菓 大人向けの生ラムネ /愛知

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
カクダイ製菓相談役の阿部昭夫さん=名古屋市西区の本社で2021年5月21日、酒井志帆撮影
カクダイ製菓相談役の阿部昭夫さん=名古屋市西区の本社で2021年5月21日、酒井志帆撮影

 ジェイアール名古屋高島屋に3月開店したラムネ菓子店の「ザ・ラムネラバーズ」。「雪のような口溶け」という生ラムネを販売している。店頭には、色鮮やかな動物のイラストが描かれたパッケージが並び、販売当初は連日完売した。手掛けたのは、名古屋市西区のカクダイ製菓。ウサギとリスのキャラクターでおなじみの「クッピーラムネ」を半世紀以上にわたり製造、販売する。「子どもが減り、クッピーラムネ1本柱では商売として今後難しい」と話すのは同社相談役の阿部昭夫さん(77)だ。中学卒業後の15歳で入社し、人気商品の誕生前から会社とともに歩んできた。

 同社は1919年、ようかんなど和菓子を作る個人商店として創業。戦後間もない50年、和菓子からラムネ菓子の製造へと切り替えた。当時はラムネ菓子自体があまり知られておらず、駄菓子屋の外れくじの景品扱いだったという。

この記事は有料記事です。

残り902文字(全文1272文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集