特集

関西 新型コロナくらし情報

関西の新型コロナに関する情報をお伝えします。

特集一覧

新型コロナ 吹田市 生理食塩水のみ、12人に接種か? /大阪

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 吹田市は1日、市立山田市民体育館(山田西3)で5月30日午後に実施した、65歳以上対象の新型コロナウイルスワクチン集団接種で、誤ってワクチンを混合していない生理食塩水だけを12人に接種した疑いがあると発表した。市によると、健康被害が生じる可能性はないが、12人を特定するため、接種した240人全員に抗体検査を実施する。

 市によると、看護師らがワクチン1瓶(0・45ミリリットル入り)に、生理食塩水1・8ミリリットルを入れて希釈。できた薬液を注射器6本に0・3ミリリットルずつ入れて接種している。

 5月30日午後、予定通りの240人の接種を終了時、薬液が入った注射器が10本残った。市はワクチンを使い終わった瓶に、誤って再び生理食塩水を入れて注射器に移して接種したのではないかとみている。

 また、同会場では、薬液が十分入っていない注射器で70代女性に接種する事案も発生。看護師が途中で気付き、新しい注射器で打ち直した。このほかにも薬液の量が不十分だった1本を廃棄した。

 市はこれらのことから生理食塩水の接種を受けた市民は12人としている。【三角真理】

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集