重要土地法案、衆院通過 私権制限、最小限に 公明・北側一雄副代表

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
=岡本同世撮影
=岡本同世撮影

 安全保障上の重要施設周辺や国境離島の土地利用を政府が調査・規制する「重要土地利用規制法案」が1日、衆院を通過した。与党で準備段階から関わってきた公明党の北側一雄副代表に法案の意義などを聞いた。【木下訓明】

 ――法案の意義は。

 ◆自衛隊基地や国境離島など安全保障上の重要施設の機能を阻害する行為を防止することが目的だ。例えば防衛関連施設周辺の土地にアンテナを立てて妨害電波を出すことなどがそれに当たる。

この記事は有料記事です。

残り550文字(全文751文字)

あわせて読みたい

注目の特集