連載

びわ湖ホールから

毎日新聞デジタルの「びわ湖ホールから」ページです。最新のニュース、記事をまとめています。

連載一覧

びわ湖ホールから

「カルメン」生で体験を 圧倒的演出、名曲堪能あれ /滋賀

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 今夏、新国立劇場と連携して、ビゼー作曲オペラ『カルメン』を上演します。演出は、1992年バルセロナ・オリンピックの弓矢を使った開会式で一躍全世界にその名をとどろかせたスペインの演出家集団「ラ・フーラ・デルス・バウス」のアレックス・オリエが担当。一昨年の『トゥーランドット』公演でも高く評価されましたが、大胆な発想と求心力、ダイナミックな空間演出で魅(み)せる話題作を両劇場が総力をあげてお贈りします。

 指揮はびわ湖ホール芸術監督の沼尻竜典、ソリストには砂川涼子、石橋栄実、谷口睦美、山下牧子、村上敏明といった日本を代表する歌手と共に、清水徹太郎、山本康寛、迎肇聡ら「びわ湖ホール声楽アンサンブル」の卒業生を配し、魅力あふれるキャストでお贈りします。

この記事は有料記事です。

残り429文字(全文754文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集