連載

くらしナビ・社会保障

働き方の悩みやわかりにくい保険、年金の仕組みなど「もしも」の時に備え、役立つ記事をお届け。

連載一覧

くらしナビ・社会保障

コロナ下、納得の補聴器選び

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
耳かけ型補聴器を付けた様子。マスクを外す際は、上のひもを持ち上げるように引っ張るなど工夫すると補聴器に当たりにくい=GNヒアリングジャパン提供
耳かけ型補聴器を付けた様子。マスクを外す際は、上のひもを持ち上げるように引っ張るなど工夫すると補聴器に当たりにくい=GNヒアリングジャパン提供

 マスクやビニールシート、アクリル板に遮られるため、相手の声が聞き取りにくいと感じることが多くなった。コロナ下での聞こえづらさのため、補聴器の購入を検討する人もいる。6月6日は「補聴器の日」。補聴器との付き合い方や選び方は?

 補聴器メーカーのGNヒアリングジャパン(横浜市)が、音声分析ソフトでマスク着用による聞こえの変化を調べたところ、マスクを着けると音がこもり、特に高音部分が聞き取りにくくなった。30代を超えると高音部分から聞こえにくくなり始めるという。マスク越しの声はもともと聞き取りにくいが、年をとるともっと難しくなる。

この記事は有料記事です。

残り1221文字(全文1486文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集