特集

東京都議選2021

6月25日告示・7月4日投開票の東京都議選に関する話題をまとめたページです。

特集一覧

都議選251人出馬予定 投開票まで1カ月 小池氏は?五輪は?

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
新宿の高層ビル群。中央は東京都庁=東京都新宿区で2020年4月、本社ヘリから吉田航太撮影
新宿の高層ビル群。中央は東京都庁=東京都新宿区で2020年4月、本社ヘリから吉田航太撮影

 東京都議選(6月25日告示)は7月4日の投開票まで1カ月となった。毎日新聞の取材では3日午後5時時点で、127の定数に対して251人が立候補を予定している。秋までに実施される衆院選の前哨戦で、結果は国政にも影響を与える可能性がある。新型コロナウイルス対策に加え、東京オリンピック・パラリンピックの開催の是非などが争点になるとみられる。

 立候補予定者の内訳は、都民ファーストの会48人▽自民60人▽公明23人▽共産31人▽立憲民主28人▽日本維新の会10人▽東京・生活者ネットワーク3人▽国民民主4人▽れいわ新選組3人▽古い政党から国民を守る党3人▽諸派17人▽無所属21人――となっている。

この記事は有料記事です。

残り184文字(全文480文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集