特集

鶏卵汚職

農相在任中に賄賂を受け取ったとして収賄罪に問われた吉川貴盛元衆院議員に対し、地裁が有罪判決。背景に迫ります。

特集一覧

鶏卵汚職、政策決定影響なし? 接待、当事者未聴取…農水委詳報

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
野上浩太郎農相(右)に養鶏・鶏卵行政の不祥事を受けた検証に関する報告書を手渡す第三者委員会の井上宏座長=東京都千代田区の農林水産省大臣室で6月3日午前9時5分、浅川大樹撮影
野上浩太郎農相(右)に養鶏・鶏卵行政の不祥事を受けた検証に関する報告書を手渡す第三者委員会の井上宏座長=東京都千代田区の農林水産省大臣室で6月3日午前9時5分、浅川大樹撮影

 鶏卵生産大手「アキタフーズ」グループ元代表と吉川貴盛元農相が在宅起訴された贈収賄事件を巡り、農林水産省が設置した外部有識者による第三者委員会(座長・井上宏弁護士)が一連の問題に関する報告書を野上浩太郎農相に提出した。元代表からの要望を受けた政策変更は確認されず、「政策がゆがめられた事実は認められなかった」と結論づけたが、3日の衆院農水委員会では、野党から「昔の上司(元次官)からの電話で元代表に会ってほしいというのでは政策決定の公正性に疑義が生じる」「お手盛りだ」と批判が相次いだ。第三者委が聴取したのも対象の農水省職員ら51人中6人だった。詳報は以下の通り。【大場伸也】

「ズブズブの関係続いていた」

 奥野総一郎氏(立憲) 報告書によると、本川一善元次官から横山紳・経営局長(現大臣官房長)に電話があって、元代表に会ってほしいと(その後、2019年10月31日に横山氏と元代表は面会)。こういうのって、政策決定の公正性に疑義が生じるんじゃないですか。昔の上司から電話があって。本川さんはクルーザー接待を受けている。公正性に問題あるんじゃないですか。

 青山豊久・総括審議官 面会はセットされているわけですが、結果として政策決定に影響はなかったという見解を(第三者委が)示されています。

 奥野氏 この調査の一番おかしなところはそこで、プロセスは何でもあり。大臣は大臣室でお金をもらっていて、だけど結果がゆがんでいないからOKだと。そうなんですか? 結果がゆがんでいないかどうかも分からないですよね。結論さえよければプロセスはいいというのはおかしくありませんか。で、クルーザーについても調査報告書で1回だけ出てくる。

 青山総括審議官 本川元次官については、合計2回、クルーザーに乗船したという供述を委員会において確認されております。

 奥野氏 この報告書を見る限り、一切出てこないですよね。意図的に省いているんですか…

この記事は有料記事です。

残り3236文字(全文4042文字)

【鶏卵汚職】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る
この記事の筆者
すべて見る

ニュース特集