コウノトリのヒナ巣立つ 今年国内初 兵庫・豊岡の巣塔でふ化

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
巣立ち前に人工巣塔上で飛ぶ練習を繰り返すコウノトリのヒナ=兵庫県豊岡市赤石で2021年5月28日、兵庫県立コウノトリの郷公園提供
巣立ち前に人工巣塔上で飛ぶ練習を繰り返すコウノトリのヒナ=兵庫県豊岡市赤石で2021年5月28日、兵庫県立コウノトリの郷公園提供

 兵庫県立コウノトリの郷公園(豊岡市祥雲寺)は1日、豊岡市赤石の人工巣塔でふ化した国の特別天然記念物・コウノトリのヒナの巣立ちを5月30日に確認したと発表した。2021年の巣立ちの確認は国内で初めてという。05年に試験放鳥をした野生復帰事業による、野外で生息するコウノトリの巣立ちの確認は、15年連続…

この記事は有料記事です。

残り192文字(全文342文字)

あわせて読みたい

ニュース特集