特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

新型コロナ 飛沫、従来の8割減 進化型フェースシールド 福岡大チーム開発

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
上下を内側に折り曲げるような形で侵入防止のためのひさしを設けたフェースシールド=福岡大流体工学研究室提供
上下を内側に折り曲げるような形で侵入防止のためのひさしを設けたフェースシールド=福岡大流体工学研究室提供

 新型コロナウイルス感染者のくしゃみやせきを浴びた際に、目や口などから吸い込む飛沫(ひまつ)の量を大幅に減らせるフェースシールドを福岡大工学部の赤木富士雄助教(51)=流体工学=の研究チームが開発した。従来のフェースシールドは、上下の隙間(すきま)から飛沫が侵入するのを防げなかったが、形状を工夫することで飛沫の侵入を8割超減らせたという。共同開発した関東の医療機器メーカーが6月にも医療機関を対象に販売を始める見込みで、医療や介護などの現場で活用が期待される。

 赤木助教らは、従来型のフェースシールドを顔に着けた医療従事者が、1メートル離れた場所にいる感染者からくしゃみを浴びた状況を想定し、スーパーコンピューターで空気の流れを調べた。その結果、フェースシールドを着けることでくしゃみによる飛沫は6~8割カットできるが、残りは胸や額に当たってからフェースシールドの上下の隙間に侵入、鼻や口、目に入るリスクがあることが分かった。

この記事は有料記事です。

残り312文字(全文726文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集