県、核燃料税引き上げ方針 使用済みの県外搬出へ /福井

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 県が、原発の事業者に課している「核燃料税」の税率を引き上げる方針を固めたことが3日、県への取材で分かった。原発内で5年を超えて保管している使用済み核燃料に課税する「搬出促進割」を、現在の重量1キロ当たり年1000円から1500円に引き上げ、県外への搬出を促す。

 県内にある関西電力の美浜、大飯、高浜の計3原発の燃料プールは、5~9年で満杯にな…

この記事は有料記事です。

残り259文字(全文431文字)

あわせて読みたい

注目の特集