ネットのひぼう中傷、監視 同和問題、ヘイトスピーチ、新型コロナ 県が実施へ 削除要請も /愛知

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 県は3日、新型コロナウイルス感染症や同和問題などを巡るインターネット上のひぼう中傷をなくすため、差別を助長する書き込みに対するモニタリング(監視)を実施し、削除要請につなげると発表した。

 モニタリングの対象は新型コロナと同和問題のほか、外国人へのヘイトスピーチと障害者に関わる差別的な書き込みで、コンピューターシステムによるモニタリングを専門業者に委託する。人権侵害にあたると判断した場合は、名古屋法務局を通してプロバイダーに削除を要請する。

 県は2018年から同和問題に関するモニタリングを実施しているが、新型コロナ感染拡大に伴い感染者やその家族、医療従事者に対する差別的な書き込みが深刻化したため、対象を拡大した。モニタリングで人権侵害の実態を把握し、必要に応じて対応する態勢を増強する方針。

この記事は有料記事です。

残り232文字(全文581文字)

あわせて読みたい

注目の特集