「男性版産休」最大4週間 育休取得、確認義務化 改正法成立

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 男性の育児休業の取得を促す改正育児・介護休業法が3日、衆院本会議で全会一致で可決、成立した。子どもの出生後、8週間以内に最大4週間の休業を取得できる「出生時育児休業(男性版産休)」が導入される。企業に対しては、従業員に育休取得の意思を確認することを義務付け、育児と仕事が両立しやすい職場環境の整備を求めている。

 「男性版産休」は、子どもが生まれてから8週間以内に、計4週分の休みを取れる。夫のみ利用することができ、2回に分けて取得できる。育休の申請期限は1カ月前だが、「男性版産休」の場合は休みを取りやすくするため「2週間前」に短縮した。申し出があれば休業期間中でも事前に労使で定めた範囲内で一時的に働けるなど、柔軟な働き方の実現にも配慮。同改正法は2022年度中に施行され、「男性版産休」は来年秋にも導入され…

この記事は有料記事です。

残り1089文字(全文1445文字)

あわせて読みたい

注目の特集