連載

見る探る

現場は今? 課題を解決するには? あの出来事の背景は?――。さまざまな疑問を、記者が一人称で描きます。

連載一覧

見る探る

陰謀論の思考とは/上 ワクチン反対派集会に参加してみた 自分たちこそ「真実」に覚醒

  • コメント
  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
上映会の主催者は「ワクチンを打たせない説得方法例」をスクリーンに映し出して説明した=東京都江東区文化センターで4月23日、國枝すみれ撮影
上映会の主催者は「ワクチンを打たせない説得方法例」をスクリーンに映し出して説明した=東京都江東区文化センターで4月23日、國枝すみれ撮影

 新型コロナウイルスの存在を信じず、マスク着用やワクチン接種を拒否し、それを他人にも求める人たちがいる。大勢の命を危険にさらす可能性があるのに、一体なぜ? 彼らは何を考えているのだろう。その思考に分け入ってみた。【國枝すみれ】

 東京など4都府県への緊急事態宣言発令が決まった4月23日の夜、東京都江東区文化センターで「ドイツのワクチン禍 真実ドキュメント上映会」が開かれ、ワクチン接種に反対するユーチューバーの日本人女性がオンライン出演。20代にみえる。彼女はワクチン反対派のアイドル的存在で、ドイツから発信している。

 私(記者)は3500円の入場料を払い、参加した。会場には約500人、ほぼ満席だ。8割方が女性で、中高年が多い。目の前の男性も、斜め後ろの女性もマスクをしていない。

この記事は有料記事です。

残り2151文字(全文2492文字)

コメント

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集