政治資金パーティーが開けない…コロナ下でオンライン化はNG?

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
2020年の自民党二階派の政治資金パーティーで、あいさつのため手を挙げて登壇する菅義偉首相(左)を笑顔で迎える二階俊博幹事長=東京都千代田区で2020年10月7日午後4時45分、藤井太郎撮影
2020年の自民党二階派の政治資金パーティーで、あいさつのため手を挙げて登壇する菅義偉首相(左)を笑顔で迎える二階俊博幹事長=東京都千代田区で2020年10月7日午後4時45分、藤井太郎撮影

 新型コロナウイルス対策の緊急事態宣言が続く中、自民党の国会議員らが資金繰りに直結する政治資金パーティーの開催に頭を悩ませている。大規模な集会は「密」を招きかねず、世論の批判を浴びやすいためだ。一部の議員は完全オンラインによる開催を検討したが、政治資金規正法が壁となり、総務省から待ったがかかった。半年以内に衆院選を控える中、気をもむ日々が続きそうだ。

延期、延期、また延期

 「本当に開催できるんだろうか……。中止ならチケット代などを返金しないといけないし、延期するにしても、いつにするのかが難しい」。東京選出のある中堅議員の秘書はため息をつく。6月のパーティー開催に向けて案内状の発送などを進めていたが、政府が緊急事態宣言を6月20日まで延長したため、困惑を深めている。

 政治資金パーティーをめぐる国民の視線は厳しい。日本医師会の中川俊男会長が4月、…

この記事は有料記事です。

残り1286文字(全文1661文字)

あわせて読みたい

注目の特集