綿帽子のよう…新江ノ島水族館スタッフ発見のクラゲ、新種だった

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
透明な丸い傘の中に赤い筋が入った生殖巣があるワタボウシクラゲ=新江ノ島水族館提供
透明な丸い傘の中に赤い筋が入った生殖巣があるワタボウシクラゲ=新江ノ島水族館提供

 新江ノ島水族館(神奈川県藤沢市)が地元の江の島近海で見つけ、分析を重ねてきたクラゲが新種と判明した。婚礼で花嫁がかぶる綿帽子に似ていることから「ワタボウシクラゲ」と命名され、クラゲ研究コーナーでの展示が始まった。

 傘の直径1センチほどの小さなクラゲで触手が4本あり、生殖巣に赤い筋が入っているのが特…

この記事は有料記事です。

残り155文字(全文305文字)

あわせて読みたい

ニュース特集