特集

気候変動

気候変動対策強化へ世界が動き始めました。日本も新たな目標を設定。地球を守るために何が必要でしょうか。

特集一覧

脱炭素化「発想の転換」を 20年度版エネルギー白書に盛り込む

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
 2020年度版エネルギー白書のポイント
 2020年度版エネルギー白書のポイント

 政府は4日、2050年までに脱炭素社会を実現する方針を初めて盛り込んだ20年度版のエネルギー白書を閣議決定した。地球温暖化への対応は制約ではなく、成長の機会と捉える「発想の転換」が必要と強調。今後、日本の競争力強化に向けて新たな技術の実用化や普及への支援が重要になると指摘した。

 白書は脱炭素化に関する技術の競争力を主要国と比較。特許数や注目度などを基にした「知財競争力」で、水素、自動車・蓄電池、半導体・情報通信、食料・農林水産の4産業分野は世界トップと分析した。知財競争力を「(暮らしに役立てる)社会実装段階で産業競争力に変えていくことが重要」とした。(共同)

【気候変動】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集