東京・青梅に半世紀ぶりの映画館 「シネマネコ」都内唯一の木造

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
国登録有形文化財の「旧都立繊維試験場」を改修したミニシアター「シネマネコ」。昭和レトロな外観が目を引く=東京都青梅市西分町で、黒川将光撮影 拡大
国登録有形文化財の「旧都立繊維試験場」を改修したミニシアター「シネマネコ」。昭和レトロな外観が目を引く=東京都青梅市西分町で、黒川将光撮影

 かつて3軒の映画館でにぎわった東京都青梅市に半世紀ぶりに映画館が復活した。貴重な木造建築物を改装し、4日オープンしたのは「シネマネコ」。都内唯一の木造映画館は、個性派ミニシアターではなく、カフェも併設して地元の人がふらりと寄れるスペースを目指す。

オープンした映画館「シネマネコ」の代表、菊池康弘さん=東京都青梅市西分町で2021年6月4日午前10時8分、油井雅和撮影 拡大
オープンした映画館「シネマネコ」の代表、菊池康弘さん=東京都青梅市西分町で2021年6月4日午前10時8分、油井雅和撮影

 代表の菊池康弘さん(39)は若い頃、俳優を目指したが、地元・青梅に戻り飲食店を開業。今では4店舗を経営しているが、お客さんから「昔は映画館が3館もあったんだよ。また青梅で映画が見たいなあ」と聞き、映画館が作れたら、と思うようになったという。

 青梅には「青梅大映」「青梅キネマ」「青梅セントラル」があったが、閉館して半世紀が過ぎた。映画看板を市内中心部に掲げ活性化に役立てたが、映画館はないままだった。

 3年ほど前から計画は具体化し、友人や市の関係者らの協力もあり、昭和初期に建てられた国登録有形文化財の木造建築「旧都立繊維試験場」を借りられることになった。

木造建築物を生かしたシネマネコの館内=東京都青梅市西分町で2021年6月4日午前9時26分、油井雅和撮影 拡大
木造建築物を生かしたシネマネコの館内=東京都青梅市西分町で2021年6月4日午前9時26分、油井雅和撮影

 内部を改装し、映画館の名前は、青梅が以前は織物の町で養蚕も盛んであり、蚕をネズミから守るネコが大切にされたことから「シネマネコ」と付けた。イスは閉館した新潟県の映画館が保存していたものを譲り受けることができた。赤い色の座席が映画館では多いのに、たまたま青梅に合う青系の色の座席だった。

 新型コロナウイルス感染拡大という逆風の中でのオープンになったが、菊池さんは「地域から期待されている声がとても大きく、地元の方々がオープン前から足を運んでくださって、『オープンできるといいね』『できたら必ず来るよ』と言われ、期待を裏切りたくないと思っていた。オープンは1カ月遅れになったが、こんな時代だからこそ、文化を届けることが、皆さんの生きる希望につながるのではないかと思う」と話す。

シネマネコではネコ関連グッズも販売。カフェではこんなスイーツも楽しめる=東京都青梅市西分町で2021年6月4日午前11時23分、油井雅和撮影 拡大
シネマネコではネコ関連グッズも販売。カフェではこんなスイーツも楽しめる=東京都青梅市西分町で2021年6月4日午前11時23分、油井雅和撮影

 木の香りがただようシネマネコは63席(現在はコロナのため1席ずつ間隔を空けている)。こけら落としの上映作は、菊池さんも好きなスタジオジブリと交渉して「猫の恩返し」を借りることができた。菊池さんらにとっては地元への恩返しの意味も込めた。他に立川志の輔さん主演で岩合光昭監督の「ねことじいちゃん」など、猫が登場する4作品をラインアップした。今月18日からは名作「ローマの休日」の日本語吹き替え版などを上映。併設のカフェでは猫をイメージしたラテやフレンチトーストなども楽しめる。

 シネマネコはJR青梅線東青梅駅から徒歩7分。詳しくは公式サイト(https://cinema-neko.com/)へ。【油井雅和/デジタル報道センター】

あわせて読みたい

注目の特集