競走馬の堆肥で育てた米で清酒 「勝利馬」小西酒造と立命大開発

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
小西酒造と立命館大が開発した清酒「勝利馬」=小西酒造提供
小西酒造と立命館大が開発した清酒「勝利馬」=小西酒造提供

 小西酒造(兵庫県伊丹市)と立命館大は、競走馬の堆肥(たいひ)で土をつくって栽培した米で清酒「勝利馬」を開発した。7日から出荷を始める。

 農家の経験と勘を頼りにしていた土づくりで、立命館大生命科学部の久保幹(もとき)教授(環境微生物学)は土壌中の微生物量などを基に肥沃(ひよく)度を判定できる手法を確立した。土壌を改善すれば環境負荷が少なく、よい農作物ができるという。その手法を応用し、堆肥の品質も分析、評価できる。

 この技術を使い、琵琶湖水系の田渕農場(滋賀県草津市、田渕竹男代表)が米作り。収穫後、田の土壌を診断し、田植えまでの期間に競走馬からの有機物などでつくった堆肥でさらに豊かな土にした。

この記事は有料記事です。

残り262文字(全文561文字)

あわせて読みたい

注目の特集