岩木山麓の湯、冊子に 温泉ソムリエ・鎌田祥史さん 泉質や歴史、入浴法 /青森

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
「岩木山温泉手帖」を紹介する「湯けむり津軽」代表の鎌田祥史さん=青森県弘前市内で2021年5月27日、平家勇大撮影
「岩木山温泉手帖」を紹介する「湯けむり津軽」代表の鎌田祥史さん=青森県弘前市内で2021年5月27日、平家勇大撮影

 津軽地域を中心に温泉の情報発信を行う「湯けむり津軽」代表の鎌田祥史さん(32)は、弘前市岩木地区の温泉の特徴や歴史をまとめた「岩木山温泉手帖」を制作した。冊子は非売品で、同地区の温泉施設や飲食店などで読むことができる。【平家勇大】

 鎌田さんは温泉ソムリエ協会(新潟県妙高市)が運営する「温泉ソムリエ」の資格を持ち、2017年から3年間、岩木地区の地域おこし協力隊を務めた。昨年12月に「湯けむり津軽」の屋号で個人事業主となり…

この記事は有料記事です。

残り321文字(全文534文字)

あわせて読みたい

注目の特集