掛け軸の魅力に迫る きょうから板橋区立美術館 /東京

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
狩野章信「内裏雛図」(板橋区立美術館)
狩野章信「内裏雛図」(板橋区立美術館)

 江戸時代の作品を中心に、掛け軸の魅力に迫る企画展「はじめまして、かけじくです」が、板橋区立美術館で5日から開かれる。7月4日まで。

 谷文中の「梅下双鶏図」や沖一峨の「花鳥図」をはじめ、同美術館が所蔵する作品など約50点を展示する。

 目玉は狩野章信の「内裏雛図」。掛け軸は通常、「裂地」と呼ばれる織物…

この記事は有料記事です。

残り147文字(全文297文字)

あわせて読みたい

注目の特集