戦後補償問題、HPで解説 被害者の苦難知って 横浜の福島さん、首相へのメッセージも /神奈川

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 第二次世界大戦の空襲などで被災した民間人が戦後75年たっても国の補償を受けられていない問題について分かりやすく伝えるホームページ(HP)を、横浜市の福島宏希さん(38)が作成した。この問題では、国会議員のグループが救済法の整備を目指す動きもある。福島さんは「多くの被害者が『国に見放された』と思いながら亡くなった。少しでも被害者の苦難を知ってほしい」と話している。【南茂芽育】

 福島さんは、戦争体験者の語りを動画にまとめ勉強会を開く市民団体の代表を務めている。ネットで調べものをしていた2017年、空襲被害者がいまだ国から一切補償を得られていないことを知った。母と2人の弟を東京大空襲で失った河合節子さん(82)ら、空襲被害者の救済を訴える人々の声を聞き取り、文献も参考にしながら4月、「空襲被害者に今こそ補償と実態調査を」と題したHPを開設した。

この記事は有料記事です。

残り736文字(全文1111文字)

あわせて読みたい

ニュース特集