廃タイヤ5万本、嘉麻市が撤去へ 補正予算案に費用 /福岡

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
廃タイヤは9月から撤去し、燃料として別の業者に引き取られるという=嘉麻市提供
廃タイヤは9月から撤去し、燃料として別の業者に引き取られるという=嘉麻市提供

 嘉麻市は4日、熊ケ畑地区に放置されている廃タイヤ(推計約5万本)を撤去する費用4510万円などを盛り込んだ3億1213万円の今年度一般会計補正予算案を発表した。6月定例市議会に提案する。

 市によると、廃タイヤは旧山田市で営業していた自動車解体業者が、1991年から自社有地(約1万6500平方メートル)に搬入した…

この記事は有料記事です。

残り236文字(全文393文字)

あわせて読みたい

注目の特集