特集

第49回衆院選

岸田文雄首相が衆院選を10月19日公示、31日投開票で実施すると表明。短期決戦の選挙戦となります。

特集一覧

衆院北海道2区 自民候補は高橋祐介氏に内定 吉川元農相辞職で空白

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
高橋祐介氏(左)を選考した理由などについて説明する自民党道連の伊東良孝会長=札幌市中央区で2021年6月4日、米山淳撮影
高橋祐介氏(左)を選考した理由などについて説明する自民党道連の伊東良孝会長=札幌市中央区で2021年6月4日、米山淳撮影

 自民党北海道2区支部は4日、次期衆院選候補となる道2区支部長の選考会議を札幌市で開き、政治団体職員の高橋祐介氏(40)を内定した。在宅起訴された吉川貴盛元農相(自民を離党)の議員辞職に伴う4月の道2区補選で自民は候補擁立を見送り、空白となっていた。高橋氏の支部長内定で、道内の与党の衆院選候補予定者はすべて出そろった。【源馬のぞみ、土谷純一】

 高橋氏は同市出身。日大卒業後、衆院議員秘書などを経て現在は日本病院会政治連盟の委員長秘書を務めている。高橋氏は会議後に記者会見し、「大きな重責を感じている。道民にしっかり役に立てるよう精進していく」と述べた。同席した自民党道連の伊東良孝会長は高橋氏について「イメージの刷新になる。期待に応える活動をしっかりやっていかなければならない」と語った。道連は近く高橋氏の公認を党本部に申請する。

この記事は有料記事です。

残り777文字(全文1143文字)

【第49回衆院選】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

ニュース特集