特集

東京都議選2021

6月25日告示・7月4日投開票の東京都議選に関する話題をまとめたページです。

特集一覧

「敵は都民ファースト」 小池知事に接近する自民の戦略 都議選

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
小池百合子・東京都知事に共同でコロナ対策を要望する都議会自民党の山崎一輝幹事長(中央)と同公明党の東村邦浩幹事長(左)=都庁で2021年4月21日午前11時46分、斎川瞳撮影
小池百合子・東京都知事に共同でコロナ対策を要望する都議会自民党の山崎一輝幹事長(中央)と同公明党の東村邦浩幹事長(左)=都庁で2021年4月21日午前11時46分、斎川瞳撮影

 東京都で新型コロナウイルスの新規感染者が800人を超えた4月21日。都議会自民党の山崎一輝幹事長は、同公明党の東村邦浩幹事長とともに小池百合子知事に面会した。「昔、自衛隊がね、弾がないのが玉にきずなんて言われて。(国は)打つもの(ワクチン)を確保して努力されているとうかがっています」。市区町村のワクチン確保の支援強化を要望した山崎氏に対し、防衛相経験者の小池氏は冗談を交え、国との交渉状況をそう説明した。以前の対立を考えれば、今の両者の関係は悪くない。

 2016年、自民党都連の方針に反発して都知事選に立候補し、初当選した小池氏。両者の対立は…

この記事は有料記事です。

残り995文字(全文1268文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集