「会社の奴隷」届かなかったSOS トヨタの危機感欠如浮き彫り

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
トヨタ自動車の男性社員が上司のパワハラを苦に自殺したことを報じた毎日新聞の記事。豊田章男社長は遺族に謝罪した際、「(自殺を)ニュースで初めて知った」と語った=大阪市北区で2021年6月4日、滝川大貴撮影
トヨタ自動車の男性社員が上司のパワハラを苦に自殺したことを報じた毎日新聞の記事。豊田章男社長は遺族に謝罪した際、「(自殺を)ニュースで初めて知った」と語った=大阪市北区で2021年6月4日、滝川大貴撮影

 トヨタ自動車の男性社員(当時28歳)が入社3年目に命を絶った問題で、豊田章男社長が上司によるパワーハラスメントとの因果関係を認めて和解が成立した。「会社の奴隷みたいだ」。自殺直前までSOSを周囲に出していた男性。パワハラ被害の目撃情報も寄せられていたが、管理職らは社内で情報共有せず悲劇を招いた。同社の再調査で浮き彫りになったのは、パワハラ情報に対する危機感の欠如だった。36万人の社員を抱える日本のリーディングカンパニーで何が起きていたのか。

 「ニュースで初めて知った。取り返しのつかないことになってしまい、心からおわびします」。毎日新聞の報道で男性の自殺が発覚した2019年11月、豊田社長は遺族を訪ねて頭を下げた。労働基準監督署の労災認定を受け入れ、パワハラとの因果関係を認める方針を表明。社内調査をやり直すことも遺族に約束していた。

管理職が複数の情報スルー、報告せず

 東京大大学院で航空宇宙工学を専攻し、15年4月に入社した男性。研修を終えた約1年後、将来を嘱望されて本社の車両設計部門に配属されたが、直属の上司に…

この記事は有料記事です。

残り1968文字(全文2430文字)

あわせて読みたい

注目の特集