広島、連敗でも宇草・林の本塁打に佐々岡監督 「若手がはつらつ」

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
広島の佐々岡真司監督=広島市のマツダスタジアムで2021年6月1日午後3時10分、大東祐紀撮影
広島の佐々岡真司監督=広島市のマツダスタジアムで2021年6月1日午後3時10分、大東祐紀撮影

○楽天7―3広島●(5日・マツダ)

 広島は終盤に救援陣が打ち込まれ、2連敗。借金は今季ワーストの7となった。試合後の佐々岡真司監督の主なコメントは次の通り。

 広島・佐々岡監督 (新型コロナウイルス感染者の濃厚接触者として隔離され、24日ぶりの先発登板だった森下が七回途中3失点)いつもと違う調整の中で、らしくないといいながらも、ナイスピッチングだった。七回の先頭と2人目に四球、四球といったところが、ちょっともったいなかったなと。代え時も難しい中、100球ぐらいをメドにね…

この記事は有料記事です。

残り356文字(全文592文字)

あわせて読みたい

注目の特集