葉加瀬太郎さん「うねり体験して」 初フルオケで30周年記念公演

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
30周年の記念コンサートを開催する葉加瀬太郎さん=2021年5月10日、大阪市北区で山下智子撮影
30周年の記念コンサートを開催する葉加瀬太郎さん=2021年5月10日、大阪市北区で山下智子撮影

 葉加瀬太郎さんは2020年にデビュー30周年を迎えた。その年の春に予定し、新型コロナウイルスの影響で延期していた記念公演「オーケストラコンサート2021 The Symphonic Sessions」を、7月2~4日に、京都、大阪、神戸で開催する。心待ちにしていた公演は、本人初のフルオーケストラ編成。「うねり」を体験する場になりそうだ。

 フルオーケストラに挑んだ理由を尋ねると「10歳の時、相愛学園(大阪市)の子供音楽教室で体験した『ワクワク感』を、皆さんにも感じてほしかったから」という。「それまで演奏はバイオリンだけだった。それが管楽器や弦楽器、人と交わることで、音楽ってこんなに楽しいんだと知ったんです」と瞳を輝かせる。

この記事は有料記事です。

残り1285文字(全文1600文字)

あわせて読みたい

注目の特集